仕事を覚えよう

デリヘルを経営するとなると、最初は仕事のほとんどを自分が行わなくてはいけません。これはデリヘルに限らずほとんどの商売でもいえるのですが、出資だけ行い経営は他人が行うオーナーでもない限り、店の立ち上げは自分で行い軌道に乗ってから従業員を雇わないと、儲かるまでは経費だけがかさむことになります。そのため顧客がつくまでの間は、なるべく経営者が動かなくてはいけません。

HPなどの宣伝媒体の手配、電話対応、コンパニオンのスケジュール調整、送り迎え、そして面接などです。これらは経験無しではできることではありません。どのような仕事をこなし、効率よくさばいていくのかは、実際に目にし、経験しないとできるものではありません。そのためにもまずは、デリヘルに勤めたほうが良いのです。

前項で示したように、まずはドライバーから始め、電話番で客とのコミュニケーションや仕事の回し方を覚えるなど経験を積むようにしましょう。デリヘルは女性だけでなく、男性にとっても時間の都合がつきやすく、アルバイトには最適な仕事です。ですが経営者になるためには、経験を積ませてくれる上に給料がくれる好条件の場所でもありますので、実務を積むためにもぜひ飛び込んでみてはいかがでしょうか。

デリヘルドライバー

男性向けデリヘル求人は、ドライバーであることがほとんどです。求人内容によって車が持ち込みの場合もありますので、時給だけを見て判断するのではなく総合的に判断するようにしてください。

デリヘルドライバーの仕事は、コンパニオンの送り迎えが仕事であり、それ以外は行わないように思えますが、ドライバーだけのアルバイトでしたらそれで構わないでしょう。ですが経営者になるための仕事を覚えるのでしたら、話は違ってきます。コンパニオンは仕事を行い、それの送迎を行います。良い客もいれば当然悪い客も存在します。当然コンパニオンはストレスを抱えることになります。ドライバーですので、ストレスの元を断つことはできません。ですが愚痴というガス抜きを行うことはできます。デリヘルのコンパニオンは素人の人が多く、その日の客以外にもストレスは溜まっています。その愚痴を聞くことによりコンパニオンはガス抜きができ、新たな気持ちで仕事を行ってくれるのです。

また愚痴というのは、不平不満でもあります。客に対してだけでなく、店や仕事に対してのものを当然あるでしょう。それを聞くことにより自分が経営するときの注意点として役立てることができるのです。ドライバーといえど経営者への修行です。無駄なものはないのです。

経営の一歩は風俗求人から

風俗は常に需要がある産業であり、法律が改正されても必ず生き残る産業でもあります。スタッフは女性が多く、女性に囲まれお金も稼げる、男性にとっては夢のような仕事のように思われますが、実際はそうとばかりは限りません。

店舗型風俗は店舗にお金がかかり、認可も地方によってはとり辛いのですが、デリヘルは経費も安く、許可も下りやすいので経営は楽そうに見えますが、楽であるのならば誰もが経営していますし、店が無くなることはありません。ですがデリヘルは人気風俗だけあり競争は激しく、移り変わりが激しいのが現状です。これは風俗であるデリヘルに限らず、どのような商売や仕事でも同様です。一見すると煌びやかで派手に見える仕事であっても、中に入ると別の面が多く厳しいことが多いのです。それに先に示したように人気風俗ということはそれだけに競合も激しく、常に新しいことや他店と違う点を打ち出さなければいけないことは、どのような商売であっても同様なのです。ですが男性にとっては魅力ある商売にあることは変わりありません。そこでお勧めする方法としては、まずは風俗求人で、デリヘルで実際にスタッフとして働いてみてはいかがでしょうか?

どのような仕事も同じですが、いきなり経営することは難しいものがあります。まずは修行です。実際にスタッフとして内情を知ることから始めたほうが、無難だといえるでしょう。仕事内容を覚えるだけでなく、風俗関係に顔をつくることができ、横の繋がりもできますので、経営者としての一歩としてはお勧めなのです。