仕事を覚えよう

デリヘルを経営するとなると、最初は仕事のほとんどを自分が行わなくてはいけません。これはデリヘルに限らずほとんどの商売でもいえるのですが、出資だけ行い経営は他人が行うオーナーでもない限り、店の立ち上げは自分で行い軌道に乗ってから従業員を雇わないと、儲かるまでは経費だけがかさむことになります。そのため顧客がつくまでの間は、なるべく経営者が動かなくてはいけません。

HPなどの宣伝媒体の手配、電話対応、コンパニオンのスケジュール調整、送り迎え、そして面接などです。これらは経験無しではできることではありません。どのような仕事をこなし、効率よくさばいていくのかは、実際に目にし、経験しないとできるものではありません。そのためにもまずは、デリヘルに勤めたほうが良いのです。

前項で示したように、まずはドライバーから始め、電話番で客とのコミュニケーションや仕事の回し方を覚えるなど経験を積むようにしましょう。デリヘルは女性だけでなく、男性にとっても時間の都合がつきやすく、アルバイトには最適な仕事です。ですが経営者になるためには、経験を積ませてくれる上に給料がくれる好条件の場所でもありますので、実務を積むためにもぜひ飛び込んでみてはいかがでしょうか。